京都市中京区の鍼灸院
JR・市営地下鉄二条駅から約5分

診療時間 : 月〜金曜 9:00〜18:00
休診日:土・日曜および祝祭日
※診療時間外のご希望は要ご相談

ご予約・お問い合わせ 075-812-2403 メールでのご予約・お問い合わせ

味噌のチカラ

味噌ってすごい

こんな経験はありませんか?

 

味噌汁を飲んで、

食欲が出た。

二日酔いが治った。

寒い冬に飲むと芯からあったまる。

ほっとして気持ちが安らぐ。

などなど・・・

 

 

それもそのはず、味噌に含まれる酵素が消化吸収を助けてくれ、体内の酸化を防いでくれます。解毒作用も強く、動脈硬化の予防にもいい。

日本古来の発酵食品の代表、それが「味噌汁」。

 

本来、日本の食卓にになくてはならない味噌汁ではありますが、最近では、味噌汁をあまり飲まなかったりインスタントで済ませたりしがちではありませんか?

 

でも本来味噌汁はとてもシンプルな料理。

味噌・出汁(だし)・好きな具材、これだけで立派なおかず兼汁物の完成です。

 

さらに、ちょっといいお味噌(3年以上熟成させたもの)と、ちょっといい出汁(削りたてのかつお節)を使うだけで食養の効果が大幅にアップします。

 

薬やサプリメントにお金をかける前に、ぜひ味噌汁にちょっとだけお金をかけましょう!

豆味噌は生命力に溢れている

陰性体質(冷えやすい、疲れやすい、顔色が良くないなど)の方に特にオススメなのが、

陽性が強い「八丁味噌(豆味噌)」。赤黒い色をしたお味噌です。

 

 

 

 

 

豆味噌は2年以上樽に寝かせて熟成させて造るのですが、夏の発酵が盛んな時期には、豆味噌の中の豆が膨張して、ピラミッド状に積み上げられた3トンの重石が持ち上がるほど。豆味噌にはアルギニンが豊富なため精力増進作用もあって、徳川家康はそのおかげで16人もの子だくさんだったとか。

 

豆味噌は味がちょっと苦手、という方は他のお味噌とブレンドさせた「合わせ味噌」がおすすめです。

 

季節の変わり目、体調管理に是非味噌汁を毎日の食卓に取り入れて、ミソってくださいね〜。

 

ページトップへ