京都市中京区の鍼灸院
JR・市営地下鉄二条駅から約5分

診療時間 : 月〜金曜 9:00〜18:00
休診日:土・日曜および祝祭日
※診療時間外のご希望は要ご相談

ご予約・お問い合わせ 075-812-2403 メールでのご予約・お問い合わせ

自然療法

ビワエキス “ Loquat Extract ” を作ろう!

ビワのこと

インドの古い経典では、薬効の最も優れた植物という意味で

『大薬王樹(だいやくおうじゅ)』と呼ばれる「ビワ」。

 

ビワ(枇杷)

 

その主成分「アミグダリン」がビワの葉や種には多く含まれています。

アミグダリンは、鎮痛作用・血液を弱アルカリ性にする浄血作用・自律神経内分泌系のバランス効果などがあり、体内の調節機構をコントロールすることで生理的な安定状態を保つことができます。

制ガン作用も!

ビワには制ガン作用も期待されています。

アミグダリンは、特にガン細胞に効果が発揮される特質があります。

ガン細胞内に入ったアミグダリンは、青酸とベンツアルデヒドという猛毒に分解され、その毒がガン細胞の働きを弱めます。しかも正常細胞には全く悪影響を与えません。

そんなビワの効能を、いつでもどこでも利用できるようにしたのが

ビワエキス “ Loquat Extract ”

ビワエキス

 

ビワの葉を焼酎に約4カ月漬ければ出来上がり。

作り方はいたって簡単!

①ビワの葉についている汚れを洗い流す。(アミグダリンは水溶性なので、始めに布巾か紙で汚れをよく落としておき、水洗いは出来るだけ短めに。)

②布巾でよく拭いて乾かす。

③約2センチ幅に刻む。

④刻んだビワの葉を広口ビンに入れ、玄米焼酎(無ければホワイトリカー)を加える。

(ビワの葉500gに対して玄米焼酎の一升瓶1本 1.8ℓ)

⑤密封して冷暗所で保管。夏場で2カ月、冬場は4カ月ほどで出来上がり。

ビワの木は宝物

ビワの葉が手に入る方はとてもラッキーな人です!

ぜひビワエキス作りにチャレンジしてみてください。

ビワの葉湿布もおすすめです。)

 

ビワの葉の収穫は一年を通してできますが、特におすすめの時期は11〜2月辺り。

もうそろそろですね。

 

そうそう、適したビワの葉を選ぶときのコツですが、

①色が濃く(深緑色)

②やや硬めで肉厚なものを選んでください。

 

効能

ビワエキスは、虫刺されや湿疹、怪我や打撲、火傷、日焼け、ねんざ、水虫、しつこいかゆみ、肩コリ腰痛、美肌効果、などなど、様々な症状に効果があります。スプレー容器に入れて直接塗布するか、ガーゼに含ませて患部にあてがうのもおすすめです。

 

以前、包丁で爪ごと指を切ってしまったことがあったのですが、ビワエキスの塗布と

お手当を繰り返すことでビックリするほど早く傷口が塞がりました!

 

悪性腫瘍など重篤な症状には、患部近くの皮膚に朝昼晩、

毎日3回以上たっぷり塗布することをお勧めします。

 

一家に一ビン、いつも携帯、ビワエキスをご贔屓に!

 

 

 

ページトップへ