京都市中京区の鍼灸院
JR・市営地下鉄二条駅から約5分

診療時間 : 月〜金曜 9:00〜18:00
休診日:土・日曜および祝祭日
※診療時間外のご希望は要ご相談

ご予約・お問い合わせ 075-812-2403 メールでのご予約・お問い合わせ

おすすめセルフケア

咳・呼吸困難

咳・呼吸困難とは

咳をして痰が出る病気は通常じゃ気道の急性炎症です。炎症を起こす部位によって上気道炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、肺炎などと呼ばれます。

慢性の咳や呼吸困難になると肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、慢性間質性肺炎、肺結核、肺真菌症、肺腫瘍などが考えられます

主な原因

喘息の多くは小児の頃から発病しているものが多く、患者も小児が多く見られます。成人してから喘息を発病した場合は生活環境が影響しています。

不適応症状

発熱、呼吸困難、胸痛、口渇、食欲不振、便秘、小便黄色、舌白苔などがあり、重大な肺疾患が疑われる場合。

東洋医学から診た頭痛・頭重感

カゼは東洋医学では風邪(ふうじゃ)と呼び、病気の二次的原因となる「外邪」の代表的なものです。生命力を補いながら、症状の原因となる「邪」を取り除くことで徐々に楽になっていきます。但し発熱は体内の細菌を退治する目的があるので、無理やり下げずに自然な解熱を目指します。

施術方法

肺臓は気を収し、肺経は気を循環させるものと考えられます。これを病理に置き換えて考えますと、肺臓は熱を持ちやすく、外邪による咳、呼吸困難と内傷による咳、呼吸困難に分けて考えます。また肺虚か肺熱かによって施術方法が異なってきます。

治療は、最も弱っている(虚している)経絡に対して、鍼によって氣(エネルギー)を充填し、体全体のエネルギーバランスを整え、生命力を最大限に保ち、自然治癒力の最適化をはかります。それによって痛みなどの症状を緩和させます。鍼は、経絡の最も有効と思われるツボ(経穴)を見つけ出し、そこから氣を注入することにより、経絡全体に氣が充満していきます。
また、日本は湿気が多い為、湿邪(体内の余分な水分による滞り)が体の関節や冷えた部分に停滞し、気や血(けつ)や水(すい)の流れを阻害することにより、それが痛みやしびれの原因にも成ります。その湿邪を取り除く有効手段が「お灸」です。お灸の有効成分と熱刺激により、体の水分代謝を活性化し、最適な水分バランスに整え症状の緩和をはかります。

ページトップへ