京都市中京区の鍼灸院
JR・市営地下鉄二条駅から約5分

診療時間 : 月〜金曜 9:00〜18:00
休診日:土・日曜および祝祭日
※診療時間外のご希望は要ご相談

ご予約・お問い合わせ 075-812-2403 メールでのご予約・お問い合わせ

おすすめセルフケア

産前・産後のケア

産前・産後のケアとは

「はり・灸」は、産前産後の健康管理に効果的です。

定期的な施術をすることによって産後の回復を高め、子育てに余裕を持てるようになります。

具体的には、流産の予防(不妊治療中の方)、妊娠悪阻(つわり)の軽減、体調不良改善、逆子の予防・改善、浮腫、予定日超過の予防、安産のお灸、体力の回復などです。

産後の回復が良くなるためにも、産前の施術を重要視しています。

産婦人科、助産所などの定期検診と合わせてご利用ください。

産前・産後の体の状態

閉経期前後になると女性ホルモンの分泌が減少し、それに伴う様々な症状が発生しやすくなります。また産後に無理をすると、後に更年期障害が発生しやすいとも言われています。

 

東洋医学から診た産前・産後の注意点

つわり、逆子など出産を控えてのお悩みも多くあります。逆子などは帝王切開などをお考えになることもあるかと思いますが、伝統的な東洋医学・鍼灸では昔から逆子に非常に効果的であることが知られています。妊娠中のお体のトラブルの原因は様々ですが身体のバランス、精神的なストレスケアなどご相談ください。

お子さんを授かって幸せな気持ちの半面、体の変化そして出産にむけて色々な不安を抱えている妊婦さんは少なくありません。女性にとって妊娠・出産は人生の大仕事。だからこそ体の負担、変化をとても受けやすいのです。

ホルモンのバランスの変化、体重や体型の変化による身体の不調、逆子などの出産を迎えるまでのお悩み、出産後も乳腺炎といったトラブルにストレスを感じることもあり、妊娠中・出産後は体のトラブルが多くあります。

施術方法

治療は、最も弱っている(虚している)経絡に対して、鍼によって氣(エネルギー)を充填し、体全体のエネルギーバランスを整え、生命力を最大限に保ち、自然治癒力の最適化をはかります。それによって痛みなどの症状を緩和させます。鍼は、経絡の最も有効と思われるツボ(経穴)を見つけ出し、そこから氣を注入することにより、経絡全体に氣が充満していきます。
また、日本は湿気が多い為、湿邪(体内の余分な水分による滞り)が体の関節や冷えた部分に停滞し、気や血(けつ)や水(すい)の流れを阻害することにより、それが痛みやしびれの原因にも成ります。その湿邪を取り除く有効手段が「お灸」です。お灸の有効成分と熱刺激により、体の水分代謝を活性化し、最適な水分バランスに整え症状の緩和をはかります。

不妊症について

これも気血の滞りによる冷えやエネルギー不足が原因で、母体の妊娠準備が整っていない状態です。現代の様々なストレスや生活習慣が原因で、女性の体に大きな負担がかかっています。すぐに結果は出ないかもしれませんが、生活習慣を改善しながら治療を継続すれば、本来のあるべき状態に改善されていきます。

 

適応疾患

不妊症、妊娠中毒症、乳腺炎、産褥熱、などです。

ページトップへ